BIO

BIO - Japanese

プリマドンナは、グラミー賞受賞の作曲&ピアニスト、フェルナンドオテロによる新しいスタジオ·アルバムです。サウンドブラッシュレコードから2014年にリリースされました。

 

アルゼンチンの音楽家は、出発点としてタンゴを使用しながら、古典的な現代音楽と即興ジャズの要素とともに、彼独自のスタイルを開発した作曲家として、クラッシックに訓練され、巨匠ピアニストとして多くの音楽評論家に評価されています。

 

プリマドンナのいたるところで、パギナ・デ・ブエノス・アイレスと題するワーナーミュージックのデビューアルバムで既にあった現代クラシック音楽をオテロはさらに良くしました。

フェルナンドは、ダンスフォームとしてではなく、モダニズムの芸術的好奇心の姿勢で、故郷ブエノス・アイレスの音を作ります。

 

プリマドンナはエルザ・マーバル、フェルナンド・オテロの母親、音楽指導者の芸術的なキャリアの祭典です。
エルザ・マーバル2010年に亡くなった国際的に高く評価されたオペラ歌手、作曲家、ピアニスト、女優でした。

ニューヨークを拠点に、オテロは、パキートDリベラ、クロノスカルテット、エディゴメス、そしてクインシージョーンズなどの、多くの協力者を見つけました。

 

プリマドンナに入っているソロピアノの作品は、オテロの歌のようなメロディシズム、表現、彼の幅広いピアノの色、速いテンポの歌を演奏しているときのリズミカル強度を使用し、ピアノの楽譜を正確に読んでいます。

 

「エル・ポルテイート」の演出は、アルゼンチンアイコン、アンゲル・ビロルドによって書かれた傑作で、オテロは、自分の想像力を発揮するために、よく知られている楽曲を使用し見せてくれています。      

 

アルバムにはまた、オーケストラや室内楽曲に加え、ニックダニエルソンのために書いた、一つの動きでバイオリン技術の全音域を使ったソロバイオリンのソナタが含まれています。

 

レコーディングの最後のピースは、オテロがアレンジした、クインシージョーンズの作品「パウンブローカーのバージョンです。

 

アレンジメントは、フェルナンドのオーケストラテクニックとピアノ演奏を組み合わせる素晴らしいクインシージョーンズの旋律の美しさを紹介しています。これは、このコレクションの最高の終わりです。

 

プリマドンナは、特別なアルバムです。新しい作品というだけではなく、曲を再発明し、お祝いするためのものです。

 

 

Copyright Fernando Otero 2015 .